ようこそ日本血液代替物学会WEBサイトへ

Welcome to The Society of Blood Substitutes, Japan Web Site

会告

第22回日本血液代替物学会年次大会

テーマ「血液代替物のイノベーション 〜基礎から臨床へ〜」
期 日 2015年10月22日(木)~23日(金)
22日(木)は9:00開始、23日(金)は16:30終了予定
会 場熊本大学薬学部(大江キャンパス)宮本記念館コンベンションホール(熊本市中央区大江本町5番1号)
※宿泊に関しましては、熊本での開催に加え、この時期は観光シーズンですのでお早めのご予約をお勧めします。
大会長丸山 徹(熊本大学薬学部 教授) 大会長挨拶
特別講演1 「CKDとメタボリックシンドローム ~心腎代謝連関とバイオマーカーの意義~」
向山 政志 先生(熊本大学大学院生命科学研究部・腎臓内科学分野教授)
特別講演2 「乳癌に対するホルモン療法 〜温故知新〜」
岩瀬 弘敬 先生(熊本大学大学院生命科学研究部・乳腺・内分泌外科学分野教授)
特別講演3 「人工赤血球から脳梗塞治療薬開発へ」
奥 直人 先生(静岡県立大学薬学部・薬学研究院・医薬生命化学分野教授)
特別講演4 「プロスタグランジンの炎症作用 〜生理と病態を繋ぐもの〜」
杉本 幸彦 先生(熊本大学大学院生命科学研究部・薬学生化学分野教授)
招待講演 「A Hemoglobin And Superoxide Taming Drug That Makes Crystalloid An Alternative to Blood Transfusion」
Dr. Carleton Hsia(NanoBlood LLC)
大会長講演 「α1-酸性糖タンパク質の構造・機能特性を基盤とした創薬展開」
丸山 徹 先生(熊本大学薬学部 教授)
シンポジウム1 「人工赤血球製剤の臨床への橋渡し研究」
オーガナイザー:酒井 宏水(奈良県立医科大学)、高折 益彦(東宝塚さとう病院)

S1. 「備蓄・緊急投与が可能な人工赤血球製剤の実用化を目指す研究」
酒井 宏水(奈良県立医科大学)
S2. 「人工赤血球(ヘモグロビン小胞体)を構成する脂質2 重膜の薬理作用について」
東  寛 (旭川医科大学)
S3. 「細胞型人工酸素運搬体ヘモグロビン小胞体の体内挙動と安全性評価~正常から病態へ~」
小田切 優樹(崇城大学薬学部)
S4. 「出血性ショック心臓の催不整脈性に対する人工酸素運搬体の効果」
高瀬 凡平(防衛医科大学校)
S5. 「凝固障害を伴う出血性ショックに対して人工赤血球による蘇生の試み」
朝比奈 はるか(防衛医科大学校)
S6. 「ラット肺切除周術期出血モデルにおけるヘモグロビン小胞体投与の循環動態と血液酸素化に及ぼす影響」
河野 光智(東海大学医学部)
S7. 「ヘモグロビン小胞体の換気不全時の有用性に関する検討」
内藤 祐介(奈良県立医科大学)
シンポジウム2 「血清アルブミンの結合・融合技術による新機能製剤の開発」
オーガナイザー:小松 晃之(中央大学理工学部)、丸山 徹(熊本大学薬学部)

S8. 「人工酸素運搬体“HemoAct™” の実用化に向けた研究展開」
小松 晃之(中央大学理工学部)
S9. 「アルブミン/ブタ由来ヘモグロビン人工赤血球の開発と酸素親和性の制御」
伊藤 大知(東京大学大学院医学系研究科)
S10.「人工酸素運搬体HemoCDの血清アルブミン表面への結合による血中滞留性の向上」
北岸 宏亮(同志社大学理工学部)
S11.「イヌ用人工血液の開発」
山田 佳奈(中央大学理工学部)
S12.「アルブミン融合技術を基盤とした血中滞留型チオレドキシンの創製と急性腎障害治療への応用」
渡邊 博志(熊本大学薬学部)
シンポジウム3 「人工血小板の新しい展開に向けて」
オーガナイザー:武岡 真司(早稲田大学理工学術院)、木下 学(防衛医科大学校)

S13.「救急医療における人工血小板の必要性と展望」
木下 学(防衛医科大学校)
S14.「レーザー衝撃波による肺出血に対するH12-ADP-liposomeの救命効果」
萩沢 康介(防衛医科大学校)
S15.「血小板:赤血球:血漿(1:1:1)蘇生輸血の新展開」
多喜川 真人(早稲田大学大学院先進理工学研究科)
S16.「ウサギ肝およびマウス肺出血モデルにおける人工血小板投与時の超微細形態像」
鈴木 英紀(日本医科大学)
S17.「人工血小板H12(ADP)リポソームの繰り返し投与における体内動態特性」
丸山 徹(熊本大学薬学部)
一般演題 血液成分の代替物に関する基礎研究・応用研究・開発・評価(動物試験、臨床試験など)、輸血治療、およびそれらに関連する研究
発表申込み 締切り:2015年8月21日(金)
参加費一般10,000円、学生3,000円
プログラム 第22回年次大会プログラム(.pdfファイル)
会場へのアクセス 熊本大学薬学部への交通アクセス
大会事務局
(連絡先)
熊本大学薬学部 丸山研究室内
〒862-0973 熊本市中央区大江本町5-1
Tel & Fax: 096-371-4153
E-mail: sbsj2015@kumamoto-u.ac.jp
詳 細 発表申込み、参加登録について
発表者へのお願い
懇親会について
学生講演賞について
協 賛 協賛企業・団体